そろばん教室で身についたこと

小学性の頃、算数がとても苦手な子どもでした。
思い切り文系で、どうしても数字を見ると難しく思えてなかなか頭に
入ってきませんでした。
そんな私を見かねて母が家の近所のそろばん教室に通わせてくれました。
さほどやりたかったわけではありませんが、始めてみると少しずつ早くはじけるように
なるのが楽しかったのを覚えています。
「ねがいましては~」といういつもの掛け声も懐かしいです。

そろばん教室 東京

そろばんを始めるといつも指で一生懸命「1、2・・・」と数えていた足し算が
あっという間に出来ました。
しばらくすると頭の中にそろばんを想像してはじき計算できるようになっていました。

また、私の通っていたそろばん教室では(他を見たことが無いので他のそろばん教室も
やっているかも知れませんが)テキストに従って暗算をする時間があり、
それも私にとってはとても良かったと思います。
暗算の練習は大人になってからも活きるものなのであの時やっていて良かったと思います。

結局私は文系で、数学は今一つのままの人生になりましたが、生きていく上で必要な
最低限のものはそろばん教室で身に付いたように思います。

大工さん 紹介

コメントを残す